仕事をしやすい空間づくり

パーテーション

オフィスは会社や部署の状況に合わせて使いやすいレイアウトにしておきたいものです。しかし、必ずしも適切な内装や広さのところになっているとは限りません。必要な広さ自体は確保できているとしても、複数の部屋がほしいところを一部屋しかないという状況であったり、広すぎてどのように配置したらよいかがわからないという事も多いでしょう。一度きちんとした配置が出来ていても、規模が変わったり業務内容の変更などで配置を変える必要が出て来た時に対応できないという事にもなりかねないものです。ただの広いスペースでは使いにくいというときには対策が必要になります。そこで活用したいのがパーテーションです。設置して区切ることによって、一つの大きな部屋を複数のスペースに区切って使うことが出来るようになるのです。業務内容が違う部署が同じ部屋でも効率的に動けるようになります。完全に区切ってしまうわけではないのでコミュニケーションがとりやすいという事もメリットと言えます。また、来客などがあった時にそこから見せたくない部分はお客様に見えないように目隠しをするという形にも使うことが出来るのです。可動式でその都度必要に応じて動かすことが出来る物なら、状況に合わせて必要なスペースを作り出すことも出来ます。パーテーションはこのような仕組みでオフィスデザインを助けてくれることになるのです。

仕事に役立つことも

パーテーション

パーテーションは大きなスペースを区切ったり、目隠しをしたりという形でオフィスを使いやすくしてくれる効果があります。このような形でオフィスデザインをすることが出来るという点はもちろんですが、それ以外にも仕事に役立つ工夫をすることが出来るアイテムでもあるのです。一人一人のデスクスペースをパーテーションで区切ることで、静かに集中して仕事に取り組めるという事もあります。机同士を壁で区切ることで、物の収納スペースを増やすという事も可能になるのです。こうした形で個人の仕事が進めやすくなるという事もあります。パーテーションにマグネットなどをつけられるタイプの物なら、みんなに見てほしい書類などを止めておくことも出来ます。ホワイトボードなどを取り付けて書くスペースを作ることも出来るでしょう。活用の仕方によって便利な使い方ができる物でもあるので、仕事に役立てることが出来るように使い方を考えて取り入れていきたいものです。

広告募集中