HOME>オススメ情報>見栄えの良さを意識してデザインを話し合う
パーテーション

人の通りやすさも重視

多くの人が働いているオフィスのインテリアを変える事になった際には、オフィスレイアウトの専門家と話し合いながら、室内を歩きやすいオフィスを完成させてください。専門知識を持たない人がオフィスレイアウトを決めてしまうと、椅子を引いた際に後ろにいる人がオフィス内を移動しにくくなったり、他人と肩がぶつかりやすいデザインになる事もあります。専門家にアドバイスを求める事によって、従業員が移動しやすいレイアウトが完成すると考えて、時間をかけてスタッフと話し合ってください。空調の位置なども意識しながらレイアウトを決めてもらえて、一部だけエアコンが効きすぎてしまい、肌寒さを感じる事にならないよう対処してくれます。働きやすさを重視したオフィスレイアウトを自力で考えるのは難しいので、スタッフと相談しながらデザインを決めたいと考える人が多いのが、専門家が頼られる理由の一つです。

急に意見を変えない

デザイナーと相談をしながらオフィスレイアウトを決定した後には、急に意見を変えてデザインを作り直す事にならないように、社内で意見をまとめてから採用するデザインを決めてください。インテリアの配置などのデザインが決まった後には、すでにデザイナーが工事の開始に向けて動き出しているので、デザインを変更したいと急に言い出すと迷惑をかけてしまいます。デザインの方向性が決まらなくて困っている時には、デザイナーのアドバイスを受けながら、オフィスをどう変えたいのか考える事が重要です。従業員同士の会話を増やすためにレイアウトを変えたいといった、具体的な要望を送る事によってデザイナーがオフィスレイアウトを考えやすくなります。完成したデザインの魅力を従業員に伝えるためのサポートを依頼する事で、社内の意見をまとめてから最終的なデザインを決めてください。

広告募集中